· 

民法改正と売主の責任 ~インスペクションの有効性


改正された民法(新民法)は、2020年4月1日に施行されます。

 

特に今回の改正で大きく考え方が変わった"売主様の責任"を中心に情報共有しましょう。

インスペクションとは

建物の構造耐力上主要な部分(基礎、土台、床版、柱、横架材、壁、斜材、屋根版、小屋組)や

 

雨水の浸入を防止する部分(基礎杭、基礎、床版、壁、外壁、屋根版外壁、開口部、屋根)について、

 

建築士などの有資格者が第三者的な立場で、劣化の状況や欠陥の有無などを調べ、修繕や改修、

 

メンテナンスをすべき箇所やそのタイミング、費用の概略などをアドバイスするものです。

瑕疵担保責任から契約不適合責任へ

民法改正で、「瑕疵担保責任」から「契約不適合責任」へと売主の責任が重くなります。

 

その責任を回避するためには、売買契約書に対象物件の内容をしっかり明記することが必要になります。

 

その内容を明らかにするために、建物の状態を調査する「インスペクション」が

 

売主を守る有効な手段となるのではないでしょうか。

契約不適合責任に対するインスペクションの有効性

「契約不適合責任」は、契約書の内容と異なるものを売ったときに売主が負う責任です。

 

逆に言えば、建物に不具合があったとしても、その内容を契約書に明記し、

 

買主が納得していれば責任を負う必要は無いと言うことです。

 

そのため、民法改正後の売買では、売却する不動産がどのような状態のものであるかを

 

調査(インスペクション)し、契約書に明記することが重要になるのです。

インスペクションをするメリットは他にもあります

売却前にインスペクションを行って「インスペクション済み物件」として売り出せば、

 

買い手が早く見つかる可能性が高くなります。

 

診断の結果、非常に良い状態であることがわかったり、適切な修理を行ったりすることで

 

当初の査定価格より高く売ることができるかもしれません。

 

このように、インスペクションには自宅の売却をスムーズに、

 

かつ売主にとって有利な状態で行うことができるというメリットがあります。

当事務所ではインスペクションは無料でサービスしています

当事務所に仲介を依頼いただいた場合、このインスペクション費用は私どもで負担しています。

 

インスペクションを実施することで、既存住宅瑕疵保険に加入できるなど特典はいっぱいあります。

 

中古住宅を「売りにくいもの」から「売りやすいもの」に替えてくれる魔法のようなものですが、

 

実施しているお宅はまだほとんどないようですので、今なら差別化できますよ。

 

 

この記事を書いた人

桜木不動産事務所

代表 国本

大学卒業後、5年間の充電期間を経て、京阪神リハウス株式会社(現:三井不動産リアルティ株式会社/三井のリハウス)に就職。大阪の店舗にて不動産売買の仲介営業に従事。

その後、大東建託株式会社に転職。京都~奈良~三重の店舗にて不動産賃貸の仲介営業と市場調査の職務に従事。組織変更により管理会社へ出向し土地活用と建物管理のノウハウを学ぶ。

2019年2月桜木不動産事務所設立。

他社とは一線を画す独自の"早期・高値売却システム"で、不動産売却専門のエージェントとして奮闘中。

不動産業界経験20年超。