No.32 よくあるご相談 ~離婚しますが、共有名義です


「離婚するとき、住んでいる家が夫婦共有名義だったらどのように分け合えばよいのだろうか。」

 

というご質問をいただくことがあります。

 

実はこの場合、夫婦どちらかの名義にそろえることも、売却することも可能です。

 

離婚後の不動産に関わるトラブルを避けるためには、

 

離婚する際に共有名義を解消しておくことをお勧めします。

家を単独名義にするケース

共有名義の家がある場合、離婚後も共有状態のままにしておけば良いのでしょうか。

 

確かにそのようにすることも可能ではありますが、一般的にはこのような方法を選びません。

 

離婚後も不動産を共有状態にしていると、家を貸したり売ったりする時に相手の承諾が必要となり、

 

自由にできないので不便です。

 

また、お互いの意見が合わなくてトラブルのもとにもなります。

 

そもそも、離婚した相手との関係もずっと続いてしまうのは嫌だと考えている方が多いです。

 

そこで、どちらかが相手に自分の共有持分を全部譲り、家を単独名義にします。

 

そのためには、どちらかの共有持分を相手に「財産分与」することによって対応します。

ただし、住宅ローンがある場合は注意が必要です

住宅ローンを利用している場合、借入先の金融機関の了承を取らないで

 

ローン債務者の持分を他の人に譲ってしまうと、住宅ローンの契約違反になるおそれが高いです。

 

違反すると、残っている住宅ローンの一括払いを求められる可能性もあります。

 

住宅ローンを完済するためには、どこかからお金を工面して支払う必要があります。

 

この場合によくある方法としては、次の2つです。

 

✅実家などからお金を出してもらいローンを完済する

 

✅ローン借り換えをして相手名義のローンを完済し、住宅ローン全額を自分名義にする

 

このような方法が可能な場合は、

 

住宅ローンがあっても夫(妻)のローンを完済して、家の名義を妻(夫)にそろえることができます。

 

できない場合には、夫(妻)のローンを完済するまでは、共有名義のままで我慢するしかありません。

家を売却するケース

新しい生活を始めた元夫が慰謝料を支払わなくて社会問題になっています。

 

住宅ローンを滞納して元妻が窮地に追い込まれる事が多いのです。

 

離婚の原因がたとえ元夫にあったとしても、慰謝料代わりに住宅ローンを

 

元夫が支払い続ける保証はどこにもありません。

 

 

このようなときには、家を売却することで夫婦共有名義の問題をすっきり解消できます。

 

家が売れたらその売却代金をまずは住宅ローンの支払いに充て、残ったお金は分け合うことができます。

 

売却して住宅ローンを完済できれば、離婚後に面倒な家の問題を持ち越さずに済みます。

 

 

 

この記事を書いた人

桜木不動産事務所

代表 国本

大学卒業後、5年間の充電期間を経て、京阪神リハウス株式会社(現:三井不動産リアルティ株式会社/三井のリハウス)に就職。大阪の店舗にて不動産売買の仲介営業に従事。

その後、大東建託株式会社に転職。京都~奈良~三重の店舗にて不動産賃貸の仲介営業と市場調査の職務に従事。組織変更により管理会社へ出向し土地活用と建物管理のノウハウを学ぶ。

2019年2月桜木不動産事務所設立。

他社とは一線を画す独自の"早期・高値売却システム"で、不動産売却専門のエージェントとして奮闘中。

不動産業界経験20年超。