· 

大手不動産会社に勤めていました


私は長年、大手企業に勤めていました。

 

中小企業での勤務経験はありません。

 

これ、別に自慢話とかじゃないんです。

 

独立して名無しの不動産屋が集客の難しさを実感している、という話です。

だから何?という話

会社はスゴイですね

 

でも、勤めている社員さんは?

 

あなたもスゴイの??

 

 

 

日本一?

 

それはすごいね

 

で、君は?

 

 

 

財閥系?

 

それはすごいね

 

あなた誰?

 

 

 

〇〇〇株式会社?

 

名刺がなくても・・・

 

仕事ある?

 

 

 

いくら大きい会社に勤めていても

 

えばった途端にこう思われます。

 

自分の力で何かを成し遂げたのか?って。

大手は楽です

大手企業に勤めている人は、とても楽です。

 

仕事があるところからのスタートですから。

 

お客さんの方から、勝手に問い合わせてくれますから、集客に困ることはありません。

 

私がそうだったように、あとは会社のルールに沿って、会社の言うとおりにお客様を誘導し、

 

与えられたノルマを達成すればいいのですから。

独立してわかったこと

仕事を取ってくること、これが実に難しい!

 

でも難しいからやり甲斐がある。

 

努力するから成長がある。

 

中小企業には、大手にないサービスや特徴があり、選ぶべき理由があります。

 

生きていくのに必死ですから、常に「お客様のために」考え、行動しています。

 

私は、勤めている会社のためでなく、少しでも私の考えに共感して下さるお客様のために、

 

全力でサポートさせていただく所存です。

 

どうぞ今後ともご贔屓に、よろしくお願い申し上げます<(_ _)>

 

 

この記事を書いた人

桜木不動産事務所

代表 国本

大学卒業後、5年間の充電期間を経て、京阪神リハウス株式会社(現:三井不動産リアルティ株式会社/三井のリハウス)に就職。大阪の店舗にて不動産売買の仲介営業に従事。

その後、大東建託株式会社に転職。京都~奈良~三重の店舗にて不動産賃貸の仲介営業と市場調査の職務に従事。組織変更により管理会社へ出向し土地活用と建物管理のノウハウを学ぶ。

2019年2月桜木不動産事務所設立。

他社とは一線を画す独自の"早期・高値売却システム"で、不動産売却専門のエージェントとして奮闘中。

不動産業界経験20年超。