· 

「免許番号を見れば不動産会社の信頼度が分かる」に反論してみた


不動産会社を選ぶ際の基準の一つに、

 

『宅建業の免許番号を確認する』という内容の記事をよく見かけます。

 

宅建業免許は5年ごとの更新になりますので、

 

免許番号を見れば長くやっている会社かどうかが判断できますが、

 

「長くやっている=優良な会社」と決めつけて良いのでしょうか?

宅建業免許番号の見方

たとえば、宅建免許番号が「大阪府知事(5)第××××号」の場合であれば、

 

大阪府知事から免許を受けて、

 

5回更新(正確には4回更新し、5回目の免許を頂いた)していることになります。

 

免許更新は5年に一度ですので、

 

カッコ内が2なら6~10年、5なら21~25年の営業実績があることになります。

 

数字が大きいほど歴史ある業者であることが分かります。

反論

✅過去に行政処分を受けた場合でも更新はできる

 

⇒『不動産業務歴が長い=優良業者』とはならない!

 

 

✅都道府県知事免許から国土交通大臣免許に変更した場合(逆もしかり)、

 

個人事業者から法人化をした場合(逆もしかり)、免許証番号はリセットされる

 

 

⇒『更新回数=不動産業務歴』とは限らない!

 

 

✅実体のないペーパーカンパニーでも更新手続きさえすれば番号は増える

 

⇒『不動産業務歴が長い=優良業者』とはならない!

 

 

✅会社の歴史が長くても、実際に働く社員のキャリアまで十分あるかどうか判断できない

 

⇒『不動産業務歴が長い=優良業者』とはならない!

まとめ

たとえどんなに信頼できる不動産会社に売却を依頼しても、有能な人物が担当者になるとは限りません。

 

また、どんなに仕事ができても、人柄や性格に問題がある担当者もいます。

 

そのため、不動産を売却する際は、会社でなく担当者で選ぶことがとても大切です。

 

満足度の高い不動産売却を行えるかどうかは、実際に販売活動を担当する営業マン次第、

 

と言っても過言ではないからです。

 

 

この記事を書いた人

代表 国本

「不動産のことなら何でもお任せください!」という不動産屋にはなりたくないのです。

何でもできる不動産屋は尊敬しますが、山ほどあります。

私は私でなければできない仕事をしたいと思っています。

そんなスタンスで仕事に取り組んでいます。

この手作りのつたないHPを見て少しでもご興味をもっていただけましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご連絡心よりお待ちしています。