販売中に価格の変更は可能か


販売価格は途中で変更できるのでしょうか?

 

結論から言うと、上げることも下げることもできます。

 

しかし、「とりあえず高い値段で出して、様子を見て下げる」というのは賛成できません。

 

また、理由もなく上げるのも当然賛成いたしません。

「とりあえず」は危険

いったん売りに出したら、その価格は変えられない、なんてことはありません。

 

「問い合せがない」「見学者がない」「このままでは時間がかかりそう」

 

こういうときは、価格を下げて様子をみるべきでしょう。

 

注意すべきは、はじめから「売れたらラッキー価格」で売り出さないことです。

 

売り出し当初の最も反響がとれる時に無駄な時間を過ごすことは、売却機会の損失でしかありません。

 

売り出し価格は相場に即した水準であるべきです。

 

「とりあえず様子見て、高いところから下げてくるか」といった姿勢で値付けするのは危険です。

では、値上げは可能か

値上げは可能ですが、チラシを打つ場合、広告有効期限を表示する決まりになっています。

 

この期限内は、価格を上げてもチラシの値段が優先になります。

 

期限を過ぎれば、値上げは不可能ではありません。

 

ただ、値上げするケースは現実にはほとんどありません。

 

なぜなら、理由もなく値段を上げても、がめつい売主だと笑われるだけですから。

 

もちろん、「リフォームした」など説明できる理由があれば、値上げは可能です。

まとめ

短い期間に何度も値段を変えるのは、購入者側の不信感を育てますので、極力避けたいものです。

 

はじめから適正価格で売却する、といったスタンスが望ましい姿勢だと思います。

 

適正価格が知りたい!という方は、桜木不動産事務所までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

この記事を書いた人

代表 国本

「不動産のことなら何でもお任せください!」という不動産屋にはなりたくないのです。

何でもできる不動産屋は尊敬しますが、山ほどあります。

私は私でなければできない仕事をしたいと思っています。

そんなスタンスで仕事に取り組んでいます。

この手作りのつたないHPを見て少しでもご興味をもっていただけましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご連絡心よりお待ちしています。