No.82 やってるからわかる!一括査定サイトをおすすめしない理由


不動産の売却を検討している方なら、一括査定サイトというものを知っている方も多いでしょう。

 

10年ほど前から人気を延ばしてきたサービスで、無料で一度に複数社に査定依頼ができる、

 

一見便利なサービスですが、実際に査定業者として登録しているからわかる、

 

一括査定サイトをおすすめしない理由をお知らせしたいと思います。

一括査定サイトの仕組み

まずサイトの運営会社は、実際に物件の査定を行うのではなく、

 

不動産会社からの広告料やサイトから集めた売主の情報を販売して収益の源としています。

 

そして多くの見込み客からのアクセスを得るために、インターネット広告などを活発に行います。

 

たとえば、「○○市 不動産売却」などでgoogle検索すると、

 

上位に出てくるのはほぼ一括査定サイトですから、SEO対策もぬかりがないです。

【デメリット1】申し込み後に大量の電話がかかってくる

複数の不動産業者に一度に査定を依頼できるのが一括査定サイトの最大の特徴ですから、

 

不動産業者を一度に6~10社も選べるようになっています。

 

気軽にポチポチチェックを入れたら、そのあとビックリすること間違いなし!

 

次から次に電話の嵐!

 

でもあなたが依頼したのですから仕方がないのです。

【デメリット2】査定価格が高額になりがち

通常、査定してもらう不動産会社を複数選ぶことになります。(そうでないと意味がないので)

 

ということは、不動産会社目線で見ると、必ず不動産会社間で競合するということです。

 

査定額で比較されることになるので、どうしても相場より(他社より)高額設定になりがちです。

 

これでは適正な査定価格を知ることが出来ず、何のための査定かわかりません。

【デメリット3】強引な営業にあう可能性が高くなる

不動産会社は、情報(査定依頼)1件あたり平均15,000円位の情報料をサイトの運営会社に支払います。

 

これは情報の仕入料金であって、あなたと話したり会えたりする保証まではないのです。

 

あくまで依頼を受けた時点で課金となります。

 

ということは、不動産会社の立場になってみると、お金を払ってもあなたと話せない、会えないなら、

 

情報料はドブに捨てたのと一緒なのです。

 

モトを取ろうと、まれにしつこい電話、ご自宅訪問など、度を越した強引な営業にあうこともあります。

まとめ

実際、一括査定サイトをすすめているのは、その運営会社かアフィリエイターだけです。

 

本音を言うと、登録している不動産会社も一括査定サイトはできれば使いたくないはずです。

 

ですが、冒頭で書いたように、検索上位に出てくるのは軒並み一括査定サイトですので、

 

そこに頼らざるを得ない、という状況になっています。

 

一括査定サイトでなくても査定は無料ですから、是非各社ホームページより査定依頼してください。

 

 

この記事を書いた人

代表 国本

「不動産のことなら何でもお任せください!」という不動産屋にはなりたくないのです。

何でもできる不動産屋は尊敬しますが、山ほどあります。

私は私でなければできない仕事をしたいと思っています。

そんなスタンスで仕事に取り組んでいます。

この手作りのつたないHPを見て少しでもご興味をもっていただけましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご連絡心よりお待ちしています。