· 

不動産売買契約書に実印を押す理由


不動産の売買契約書には契約当事者が署名・捺印を行います。

 

その時に押すハンコは、実印でなくても構いません。

 

そもそも契約書を取り交わさずとも、口頭でも契約が成立するのですから、認印でも契約自体有効です。

 

にもかかわらず、一般的には実印以外の印鑑で捺印することはほとんどありません。

 

なぜ不動産売買契約書には実印を押すのでしょうか。

実印を求められる理由

主に次の理由によるものです。

 

✅売主が真の所有者であることを確認するため(取引の安全性を高めるため)

 

✅所有権移転登記の時に法務局が書類を照合しやすくするため(登記に関する理由)

 

✅契約の重要性を高めるため(心理的な理由)

 

✅住宅ローンや融資を受けるときに、金融機関が本人照合をするため。(ローンに関する理由)

 

また、実印を使うことで契約に重みが出るので、売主も買主も気持ちが引き締まり、

 

契約解除になる確率も低くなる、とも考えられます。

まとめ

不動産会社の担当者によっては、「実印など必要ない」という人もいます。

 

確かに契約の効力という観点から考えると、認印でも問題ありません。

 

しかし、不動産のような高額な財産の売買契約においては、

 

トラブルになることを可能な限り回避する必要がありますので、

 

不動産売買契約書への捺印は実印で行うのが基本と考えています。

ちなみに・・・

実印と署名の両方が必要なわけは、署名も実印と同じ意味を持っていると言えます。

 

人によって筆跡が違いますので、その筆跡により、「売買契約を締結したのが本人であること」、

 

また本人が署名しているのであれば、「本人の意思により売買契約を締結したこと」が担保されます。

 

このように署名と実印で、本人確認と本人の意思を二重で担保しているのですね。

 

 

この記事を書いた人

代表 国本

「不動産のことなら何でもお任せください!」という不動産屋にはなりたくないのです。

何でもできる不動産屋は尊敬しますが、山ほどあります。

私は私でなければできない仕事をしたいと思っています。

そんなスタンスで仕事に取り組んでいます。

この手作りのつたないHPを見て少しでもご興味をもっていただけましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご連絡心よりお待ちしています。