【今さら聞けない】なぜ知らない不動産業者が私の不動産を掲載しているの?


私ども桜木不動産事務所に売却を依頼したのに、

 

B不動産会社やC不動産会社がネットで広告を出していると連絡いただくことがあります。

 

逆に住宅をさがしている方も、

 

同じ物件が同じサイト内で複数の会社から掲載されているのを見たことはないでしょうか。

 

これには不動産業界の"仕組み"が大きく関係しています。

情報共有の原則

情報共有とは、不動産業者間の物件情報ネットワーク「レインズ」を利用していることです。

 

不動産流通の流れは、まず売主様がA不動産業者に売却を依頼します。

 

A不動産業者は一般媒介でない限り、このレインズに売主様の物件を登録しなければなりません。

 

登録された物件情報は、このレインズを通じて全国の不動産業者の知るところとなり、

 

それぞれが自社で持つ購入検討のお客様に紹介する、

 

または、HPやポータルサイト、チラシなどの媒体を使って物件を広告します。

 

ほとんど全ての不動産業者がこのネットワークを利用しています。

広告代は売主負担?

では、売主様の物件をポータルサイトに掲載してくれたB不動産会社やC不動産会社に、

 

広告料を支払う必要はあるのでしょうか?

 

ご安心ください。

 

不動産業者(宅建業者)は成約報酬制です。

 

成約してはじめて仲介手数料が頂けますので、仲介手数料以外に広告料など必要ありません。

 

また、売主様は売却を依頼したA不動産会社に仲介手数料を支払えばよく、

 

買い手を見つけてきたB不動産会社は買主から仲介手数料を受け取り、

 

広告は出したが買い手をみつけることができなっかたC不動産会社はノーギャラとなります。

 

取引を完結させた業者が「勝者」、取引に関与できなかった業者は「敗者」と言えます。

まとめ

同じ不動産を複数の不動産業者がネットに掲載している不思議、理解できましたでしょうか?

 

確かに全国の不動産業者があなたの不動産を広告してくれる仕組みがあるのに間違いありませんが、

 

「売れる」自信がないと、広告料金を支払ってまで広告してくれません。

 

実際にどれだけのお客様に紹介してもらえるか、どれだけの広告を出してもらえるかは、

 

売却を依頼された不動産会社の腕次第となります。

 

ですから、売却を依頼する不動産業者選びが一番大切だと考えてください。

 

経験豊富な売却専門の不動産会社に相談されることをオススメします。

 

 

この記事を書いた人

代表 国本

「不動産のことなら何でもお任せください!」という不動産屋にはなりたくないのです。

何でもできる不動産屋は尊敬しますが、山ほどあります。

私は私でなければできない仕事をしたいと思っています。

そんなスタンスで仕事に取り組んでいます。

この手作りのつたないHPを見て少しでもご興味をもっていただけましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご連絡心よりお待ちしています。