· 

「空き家」と「特定空き家」の違い


今、全国各地で空き家が社会問題になっています。

 

その空き家問題の対策として、国土交通省は「空家等対策の推進に関する特別措置法」を施行し、

 

管理されていない空き家に対する規制が、これまでより厳しくなりました。

 

空き家を所有している方は気をつけたいところです。

空き家問題とは

空き家は、空き家が絡んだ犯罪の増加や、それによる近隣住民への被害の増加、

 

老朽化により建材が剥がれ落ちたり、建物そのものが倒壊する危険がある、

 

ごみの不法投棄を助長し、衛生面や景観の悪化を招いている、などが問題となっています。 

空き家とは

国土交通省は、概ね1年以上利用の実態がない住宅を「空き家」と定義しています。

 

利用実態がないとは、電気・ガス・水道を使用していない、または使用可能な状態にない、

 

人の出入りがない、住民票はどうか、適切に管理されているか、などが判断基準に挙げられています。

 

また、アパートやマンションなどの共同住宅や長屋住宅は、

 

全ての部屋が空き家にならないと空き家には該当しません。

特定空き家とは

空き家のうち、そのまま放置すれば倒壊等の危険性があるもの、衛生上有害となりうるもの、

 

景観を損なっているもの、放置することが不適切である状態のものは、「特定空き家」に該当します。

 

特定空家に指定されてしまうと、土地にかかる固定資産税の優遇措置が適用されなくなる、

 

市町村から所有者への助言・指導・勧告・命令に従わない場合は強制撤去されるなど、

 

所有者にとって大きなデメリットがあります。

特定空き家に認定されないために

特定空き家となると、「きちんと管理されていない家=迷惑な空き家」として処分の対象になります。

 

特定空き家に認定されないためには、自分で管理するか、

 

専門業者の管理サービスを利用するなどして、適切な管理を行いましょう。

 

桜木不動産事務所では、無料で空き家の巡回管理を行っています。

 

「お金を出してまでは・・・」となかなか行動できなかった方、遠方に住んでいてお困りの方は、

 

桜木不動産事務所の無料のサービスから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事を書いた人

国本

桜木不動産事務所代表。宅地建物取引士。

三井のリハウス、大東建託(株)退職後、2019年2月大阪府寝屋川市に

不動産売却専門の「桜木不動産事務所」を設立。

両手仲介を行わない不動産売却エージェントとして日々奔走しています。

好きなものは、阪神、浜省、森高、水無月、早く走る車。

嫌いなものは、ゴキ。