エージェント・システム


エージェント・システムとは

 

海外の不動産取引では、各エージェントが顧客に寄り添い、顧客の利益の最大化を図るため活動しています。

エージェントが担当するのは、売主・買主双方ではなく、売主側のみ又は買主側のみです。

それは、双方の仲介を同時にしても、双方の利益を確保することができないからです。

 

多くの取引では、買主の利益=売主の不利益、売主の利益=買主の不利益に繋がります。

分かりやすく言うと、高く売りたい売主と、安く買いたい買主の利益が合致することは難しいのです。

 

このことは以前から不動産業界で取り沙汰されていました。

売主側業者が自ら買主も見つけたいために広範囲に募集をかけず、直接自社のお客様のみに物件を紹介する(「囲い込み」という)、こういったことが長年行われてきています。

 

それは何のためにするのか?

売主側のみの担当をする仲介業務を行う場合、仲介手数料は売主側からのみ取得します。

逆に、買主側のみの担当をする場合、仲介手数料は買主側からのみ取得します。

これを双方仲介した場合、片方仲介の2倍の報酬を受け取ることができるので、大手不動産会社などでは、営業マンにこういう取引を推奨してきたわけです。

 

エージェントは、依頼してくださったお客様にとって最も有意義な売却方法を提案します。

それは、お客様の利益の最大化を図ることにより、お客様の幸せに繋がり、ひいてはそれが自らの成功にも繋がるという考えによるものです。

 

 

 

 

最近他の不動産会社でも、エージェントというものを名前だけ導入してはおりますが、それはほとんどが名ばかりのフルコミッションの営業マンだったりします。

本当のエージェントは、顧客の開拓から、提案方法、活動方法まで他の不動産会社とはまるで異なってきます。

生涯のパートナーのつもりでクライアントさんとお付き合いをします。

 

またエージェントは、会社という枠に捉われない、型破りな資質を持つ人間だからこそできる提案もあったりします。

エージェントとして活躍できる資質として、何が求められるか。

それはその各人の能力やネットワークだけではありません。

お客様のニーズをくみ取る力、会話の中からそれを読み解く読解力、お客様が気付いていないニーズを引き出す提案力、そしてお客様が求める情報や知識を提供する力も必要です。

それらの力を持ち合わせているからこそお客様から求められる存在になれるのです。

 

エージェントの仕事は、『ただ不動産を売ること、紹介すること』ではないのです。

お届けするのは「安心」です。

不動産会社とエージェントの違い

 

家を売ったり、買ったりするときに不動産会社に相談する人は多いですが、「担当者を選ぶ」ということはほとんどされていません。

しかし不動産仲介の現場では、通常1人の担当者がすべてを担当します。

 

「不動産会社」は5人に1人以上の宅建士がいれば営業できるので、資格を持っていない担当者も在籍しています。

ベテラン社員もいれば新卒社員もいますし、担当者によって知識や経験に大きく差があることは歴然です。

 

一方、エージェントは個人の能力のみが評価されるものです。

評価が悪いエージェントはお客様に選んでもらうことはないので、とてもシビアな職業でありますが、営業を続けることができているエージェントは、一定の評価を得ているとも言えます。

エージェントの報酬体系

 

不動産会社の場合と同じく、売買が成立してはじめて仲介手数料を受け取ることが出来る、いわゆる「成功報酬型」となります。

また、仲介手数料以外にエージェントフィーなどの費用は一切かかりません。

ご依頼の流れ

 

Step1.まずはお電話かメールにてお問い合わせください

 

査定依頼でも結構ですし、お話を聞くだけでも結構です。

電話は毎日9:00~19:00、出れない場合は折り返し致します。

メールは24時間受付、返信は早いです。

しつこい営業行為はいたしませんので、どうぞご安心下さい。 

 

Step2.お打ち合せする日時を決めましょう

 

ご相談が前に進むようでしたら、一度お会いしましょう。

査定のご依頼でしたら、査定地に出向きます。

スーツは着ておりませんので、不動産屋とはバレません。

 

査定以外のご相談であれば、場所はどこでも結構です。

"スタバでお茶しながら"なんてオシャレですね。

 

Step3.査定価格・買取価格のご提案をします

 

媒介(仲介)や買取の場合は、基本的には初回訪問時に、査定書とともに査定価格・買取価格のご提案をさせて頂きます。

その場でお返事を頂いても結構ですし、持ち帰ってじっくり検討して頂いても大丈夫です。

  

Step4.ご依頼後、業務着手します

 

媒介(仲介)の場合は、媒介契約書を取り交わした後、すぐに販売活動に入ります。

買取の場合は、その後のスケジュールについて打ち合わせを進めましょう。