不動産売却の豆知識

不動産を売却する際、一定の場合には税金が発生します。但し、不動産の中でも「マイホーム」の売却に関しては、さまざまな特例措置が設けられています。ここでは、マイホームを売却する前に知っておくべき「税金の特例」について簡単にまとめてみました。

不動産の売却をする際、「嫌悪施設」が近くに存在するかを把握しなければなりません。購入をためらったり、売却価格が下がったりすることもあるからです。嫌悪施設に関する知識を身につけ、のちのちトラブルがないように不動産売却を進めましょう。

不動産の売却時には必ず行う「査定」ですが、これは言い換えれば、「不動産の資産価値がどれくらいあるか」ということです。不動産会社がどのように不動産の資産価値を算出するのか、その基準となるものの概要を見ていきましょう。

最近では、他社との差別化を図るために、仲介手数料の割引や無料を謳っている不動産会社があります。ここでは、不動産売却時に限って、仲介手数料の割引がどうしてできるのか、そのカラクリを簡単に説明します。

不動産の売買では、「借地権付き」という言葉は頻繁に登場します。借地権とはどのような権利なのでしょうか。不動産取引での失敗は経済的なリスクも大きいため、正確に理解しておくことが重要です。ここでは、借地に建てた家を売る方法を3つご紹介します。

ステータスシンボルの一つでもあるタワーマンションですが、高層階のイメージが強いため「低層階だと売れにくい」という声も聞かれます。ここでは、タワーマンションの低層階の売却を成功させるために、得ておくべき知識をまとめていきます。

不動産仲介とは、簡単に言うと、売主様と買主様の間に立って、不動産の売買契約を取りまとめる仕事になります。不動産取引は高額かつ専門知識や経験を必要としますので、そこに、私たちがお客様に必要とされる理由があります。

不動産を売る前に、ご自身で相場価格を調べることはとても重要です。でも、どうやって調べたらいいの?という方に、マニアックなサイトを2つご紹介します。ただし、これはあくまでも類似物件をもとにした"おおよそ"の相場の調べ方です。

レインズを使えば、すべての不動産会社が物件の情報を閲覧できます。レインズとは、宅建業法に基づき国土交通大臣が指定した指定流通機構のことです。このシステムのおかげで、地域密着型の小さな不動産会社でも大手に負けないのです。

あなたが売りに出している不動産は「決めブツ」でしょうか、「当てブツ」でしょうか。「決めブツ」なら安心ですが、「当てブツ」なら永遠に買い手が決まらないかもしれませんね。・・・何のことでしょう⁉

さらに表示する