不動産売却の豆知識

国土交通省は17日、住宅の購入・入居希望者に大雨が降った際の水害リスクを説明することを、8月28日から不動産業者に義務付けると発表しました。豪雨による大規模水害が頻発する中、居住者が逃げ遅れるのを防ぐ狙いがあります。

不動産を売却されるには、必ず理由があります。特に多く見受けられる不動産売却理由を、私の独断でランキング形式でご紹介いたします。

不動産が売れたら、売主はいつ引越しすべきでしょうか?結論としては、「引渡し日前日までならいつでもOK」です。ただし、売買契約の内容や売却理由によっては、「引渡し日前日まで」ということ以外に注意すべきポイントがあります。

不動産の売却を任せた不動産会社のどの営業マンがあなたを担当するかによって、不動産売却の満足度は大きく変わってきます。「担当者が頼りない」「フィーリングが合わない」など不満があるなら、担当者を変えるより、会社ごと変えることも検討しましょう。

不動産売却を行う際には、不動産の登記名義人であることを証明する、いわゆる権利証が必要となります。しかし、権利証を紛失してしまったというケースではどうすればいいのでしょうか。権利証なしで不動産を売却する方法をご紹介いたします。

遠方地の実家を相続した、転勤で使わなくなった遠方地の自宅がある。これらの不動産を、わざわざ現地まで足を運ばなくても売却できる方法があります。それぞれの特徴を押えておきましょう。参考になりましたら幸いです。

土地は正方形とか長方形といった整形地ばかりとは限りません。むしろ、多少いびつな形になった土地(不整形地)の方が現実には多くあるのです。このような不整形地は、整形地に比べて資産価値は下がるのでしょうか。

先日、売却が決まった物件の残置物処理の手配をしました。今回は事務所としても使用されていたお宅であったため、機密文書・社外秘文書がたくさんありましたので、シュレッダー処理よりも手間がかからない「溶解処理」というサービスを利用しました。

宅建業者に専任または専属専任で不動産の売却を依頼すると、その情報は「レインズ」と呼ばれる業者間の情報交換システムに登録されます。レインズでは、売主様もその登録状況が確認できる仕組みになっていますので、「何を、どう」確認するのか説明いたします。

不動産を売却する際、一定の場合には税金が発生します。但し、不動産の中でも「マイホーム」の売却に関しては、さまざまな特例措置が設けられています。ここでは、マイホームを売却する前に知っておくべき「税金の特例」について簡単にまとめてみました。

さらに表示する