不動産相続・空き家対策

被相続人に借金があった場合や、事情があって相続したくない場合には、相続放棄をすることにより相続財産を相続しないことが出来ます。では、相続放棄により相続人が誰もいなくなった場合、被相続人の所有していた不動産はどうなるのでしょうか?

「権利証」は、不動産の所有権を取得する登記手続きをしたときに、権利者に対して法務局から交付される書類です。売買を原因とする所有権移転登記には権利証が必要ですが、相続を原因とする所有権移転登記には必要ありません。その理由を説明いたします。

自筆で書く遺言は手軽さの反面、保管場所には注意が必要です。場合によっては家族が遺言書を破棄、改ざんする恐れがあります。このほど相続に関する制度が見直され、自筆証書遺言を法務局で保管する制度が2020年7月10日から始まります。

再婚によって法定相続人に変更があった場合、誰がどの割合で相続できるのか、意外と混乱してしまうかもしれません。今や離婚や再婚は珍しくない身近なものになってきているかと思います。そこで、再婚相手の相続権について確認しておきましょう。

近年の税制改正により課税の対象となるケースが増えたといわれる相続税対策として、不動産購入は大きなメリットの一つと言われています。ここでは、不動産の購入がどのように節税に役立つのか、その仕組みをご紹介します。

所有している空き家、人が住んでいないから火災は起きないと考えている方も多いですが、放火などにより火災の被害に遭うことがあります。 私どもでは、空き家であっても火災保険の加入を推奨しております。

弊事務所は、空き家と空き地の巡回管理を無料で実施しております。空き家・空き地の放置はトラブルの元となりますから、無料といえども手抜きは一切なしです。そんな私どもが管理する上で一番大事にしていることは、ご近所さんとのコミュニケーションです。

人の住んでいない住宅は劣化が進みます。将来自分で住む場合はもちろん、売却する時のためにも、資産価値を維持しておくことは非常に大切です。ここでは、自分でできる空き家管理のチェックポイントをご紹介します。

不動産信託とは、不動産を持っている人(委託者)がその不動産を第三者(受託者)に所有権を移転して管理してもらい、不動産から得られる収入を委託者(受益者)に支払ってもらう制度です。この不動産信託は、不動産管理と相続対策として活用されています。

相続登記を放置する人は少なくありません。所有者不明の不動産が全国で多くなっており、問題となっています。そこで法務省は、所有者不明の不動産が増えている問題を解消するため、相続登記を義務化するという動きに出ています。

さらに表示する