桜木不動産事務所の仲介


不動産仲介で売却を成功させるために大事なことは、6ヶ月以内に売り切ることです。

販売期間が長期に渡れば、「この物件はかなり前から掲載されている ⇒ 売れ残り物件」と判断されてしまいます。

こうなると、価格を下げる以外に成約する方法はなくなります。

不動産にも賞味期限があるのです。

つまり、売却を成功させるためには、6ヶ月以内に売り切る販売戦略があるかが大事なポイントとなります。

私どもが考える、もっとも成功確率の高い独自のノウハウを公開いたします。 

どこに依頼するか

一般的な不動産仲介会社


不動産仲介会社とは、不動産の売買の際に、売主様と買主様の間に立ち、売買契約を成立させる会社のことを言います。 

日本でだけ許されている「双方代理」という形態になります。

同じ会社が両者の担当をするのですから、どちらの利益を優先するのか、さじ加減は担当者次第となります。
必ずしも売主様にとって、満足のいく取引ができるとは限らない、ということです。

売主様専属代理人(エージェント)


専属代理人(セラーズ・エージェント)とは、売主様専属の仲介人として不動産仲介に当たるエージェントです。
多くの仲介会社が、利害関係が相反する売主様・買主様双方の仲介を行うのに対し、売主様だけの利益を追求するのが特徴です。
桜木不動産事務所は、この専属代理人(セラーズ・エージェント)として売主様の不動産売却をサポートしています。

 

私どもが提唱するこのエージェント制は、これからの日本の新しい不動産仲介の形と言えます。また、仲介手数料以外に、エージェントフィーなどの費用は一切かかりません。


売主様にとって売却成功とは

高く売れる


誰もが望むことではないでしょうか。

物件の特性を見極め、ターゲットを絞り、戦略を立てる。

これができるかどうかで決まります。

早く売れる


時間がかかればかかるほど、気持ち的にも疲れますし、売れなければ価格を落とすことにも繋がります。

早く売れるに越したことはありません。

安心して売れる


せっかく売れても、あとでクレームに巻き込まれたりしたら最悪です。

安心して任せられる不動産屋さんを見つけましょう。


では、買主様にとって不安材料とは

品質の不安(購入後の不具合)

 

極端に言うと、これだけではないでしょうか。

特に中古住宅においては、「住んでみないとわからない」というのが本音だと思います。

 

通常、売却後3カ月間は売主様に補償責任(瑕疵担保責任と言う)がありますが、では、3カ月経過後は?

長年にわたり安心して住める住宅かどうか、素人ではわからないから不安なのです。


桜木不動産事務所の販売戦略 ~買主様の不安を解消し、売主様の期待に応える~

中古住宅は、新築住宅に比べ、品質的に"不安"がある、"汚い"イメージがある、物件に関する情報が不十分で"わからない"といったイメージがあることから、それらを払しょくすることが出来るかどうかが売却成功へのカギと考えています。

そのため当事務所では、「早期・高値売却システム」として、下記の8つのサービスをご提供・ご提案しています。 

<提供>早期・高値売却システム

建物状況調査(インスペクション)


売買をする前に専門家の建物状況調査を実施して建物のコンディションを把握すれば、直すべき箇所の有無や修繕に必要なおおよその費用をあらかじめ知ることができ、建物の質を踏まえた購入の意思決定や、売買価格が妥当かどうかの判断もしやすくなります。 

売主様にとっても、取引の安心感が生まれます。

 

※条件があります。

※国土交通省「建物状況調査(インスペクション)を活用しませんか?」

既存住宅瑕疵保険


保険に加入した中古住宅に瑕疵(不具合)が発見された場合、買主様は検査事業者に補修を求めることができ、補修に必要な費用は保険金によってまかなわれます。

買主様は保険期間中の安心が買える(もらえる)メリットが、売主様は瑕疵担保責任期間中(通常3カ月)であっても保険を使えば補修費等の負担がいらないというメリットがあります。

 

※条件があります。

※国土交通省「既存住宅売買瑕疵保険について」


訴求力のあるチラシ


不動産屋さんの店頭に貼られているチラシ、じっくりご覧になってください。これが実に味気ないものです。

興味をそそるような構成・写真・コメントなどが不足し、うまくアピールできていないチラシが散見されます。

私どもでは、プロのデザイナーによる「案内率がアップする」チラシを作成いたします。

リフォーム費用見積書


あらかじめ想定されるリフォームの見積書を取得し、物件チラシと一緒に開示します。

不動産購入に当たり合計いくら必要になるのか、お客様が即座に把握できるようにするためです。

そうすることで、検討段階にあるお客様のモチベーションを維持したまま決断を促すことが出来ます。


<提案>早期・高値売却システム

ホームステージング


売り出し中の家やマンションの室内を家具や照明、小物やグリーンなどでモデルルームのように演出します。

中古住宅で最も嫌がられるのは、前居住者(現居住者)の生活感・生活臭と言われています。

より早く、より高く売れるのなら必要な出費であると考えます。

住宅履歴書


住宅がどのようなつくりで、どのような性能があるか、また、建築後にどのような点検、修繕、リフォームが実施されたか等の記録を保存、蓄積したものです。

新築時の図面や建築確認の書類、点検の結果やリフォームの記録などになります。

これらの情報は売買の際に活用でき、優良な不動産資産をリレーしていくのに役立ちます。 


告知書の"事前"開示


宅地又は建物の過去の履歴や隠れた瑕疵など、売主様や所有者しかわからない事項について、"事前に"開示することで、買主様の購入判断の材料となり、安心・安全なお取引を実現できます。

将来の紛争の防止に役立てるものです。

24時間コールセンターサービス


例えば「トイレが詰まった」「雨戸が外れた」「鍵を失くした」等々のトラブルに対し、24時間駆けつけ解決するのが24時間コールセンターサービスです。

中古住宅購入に対する買主様の不安の解消に繋がります。


まずは査定価格を知る

私どもは、独自の「早期・高値売却システム」で売主様の希望を実現します。

しつこい営業なし、売却専門の桜木不動産事務所の価格査定を是非お試しください。