住宅ローンの返済でお困りの方へ


住宅ローン返済問題は放置すると取り返しのつかない最悪の事態を招きます。

時間が解決してくれないのです。

最悪の結末を回避するために、早めに当事務所のような専門家にご相談ください。

住宅ローン返済でよくある相談事例

  • ✅転職・リストラ・病気などで給料減少し生活が困窮。返済が困難に…
  • ✅離婚により自宅を売却も、オーバーローン状態で返済できず…
  • ✅離婚後、前のご主人からのローンの支払いが滞るようになった・・・
  • ✅住宅金融支援機構(旧:公庫)のゆとりローンのシワ寄せが…

任意売却をおすすめします

住宅ローンを数か月滞納し返済困難な状況となった場合、金融機関は担保不動産を競売などの法的手続きにより処分し債権回収を図りますが、銀行や保証会社の同意があれば所有者の意思で不動産を一般市場で売却することが可能となります。

この販売手法を"任意売却"といいます。

 

売却にあたって債権者全員の合意が必要な点、引越し代などの工面や残債の返済方法に交渉が必要な点で特殊な売却方法と言えます。

どこの不動産会社でも扱える内容ではありませんのでご注意ください。

任意売却をおすすめする理由

住宅ローンの返済を滞納して何も手を打たなければ強制的に競売となり、一般的に市場価値の50~70%で落札されてしまいます。

つまり、支払わなければならない債務が沢山残る、ということです。

しかも競売では、金融機関との話し合いをすることもなく裁判所が強制的に売却を行いますので、引き渡し時期などの相談もできません。

 

任意売却は通常の不動産市場で相場通りの市場価値で売却ができる上、引き渡し時期、引越し費用、残債の支払い方法、支払い金額などについて、事前に金融機関と相談しながら進めることができます。 

お客様の費用負担は0円です

任意売却するためにお客様が負担する費用は、ご相談から売買契約に至るまで一切かかりません。

仲介手数料や引越代、抵当権抹消のための諸費用、マンションの管理費や固定資産税などを滞納している場合の精算金は、債権者が受け取る売買代金から配分されます。

 

つまり、持ち出しはゼロです。

なお、仲介手数料は成功報酬ですので、売却できなかった場合は1円もかかりません。

任意売却の流れ

Step 01 : 相談

住宅ローン返済状況や不動産の差押え・競売等の諸問題の確認をした上で、ベストな解決方法をご提案します。ご相談時期が早いほど、解決のための選択肢が増えますし、任意売却できる確率も高くなります。

 

Step 02 : 媒介契約

売却を正式にご依頼いただきます。この段階では費用はかかりません。 利害関係者の確認、不動産の評価等の調査業務を行い任意売却の準備を行ないます。

 

Step 03 : 販売活動

媒介契約に基づき、あらゆる広告媒体(インターネットや情報誌等)を活用し早期売却を目指します。

 

Step 04 : 債権者交渉

購入希望者が現れたら、金融機関などの債権者や利害関係人との間で、金額の調整を含めた合意が必要となります。

 

Step 05 : 売買契約

購入者が決まり次第、売買契約を締結し決済を行います。競売手続き中の場合、借入金の返済やその他の精算をして競売の取り下げが完了します。

 

Step 06 : 新生活スタート

晴れて新しい人生のスタートです。

私たちのスタンス

当事務所では任意売却ありきではなく、"住宅ローン返済問題をどのように解決すべきか(どの方法を選択すべきか)"また"任意売却はご相談者さまに利益をもたらすのか"、これらの疑問点を明確にさせた上で、任意売却をすべき方のお手伝いをさせていただくことをモットーにしています。

住宅ローンの返済がご不安でしたら、この任意売却をご検討ください。

任意売却で人生をリセットできます。

任意売却なら桜木不動産事務所へ

残債務のご返済をできる限り少額になるよう、金融機関と交渉致します

第二の人生に引きずらないために、できる限り債務負担が残らないよう債権者と交渉いたします。

新しい生活に支障のない範囲、月々数千円程度に抑えることも可能です。

残債務の処理について、債務整理をお考えの方には弁護士を紹介致します

どうしても支払いが厳しい状況でしたら、無料で専門家をご紹介いたします。

売却完了が当事務所の仕事の終わり、とは考えておりません。

お引っ越しをお考えの方には、引っ越し先探しをお手伝い致します

保証人不要、初期費用低額、審査通過、などご依頼者様個人でお探しになるのは困難を伴うケースもあります。

お引っ越し先のお世話までさせていただきますので、ご安心ください。


まずは現在の価値を知る

もし、ローン全額が返済できる値段で売れるなら、何の苦労も心配もいりません。

「今売るならいくらで売れるのか?」を知ればいいのです。

地域密着、地元を知り尽くした当事務所の価格査定をご利用ください。


知っておきたい任意売却の知識

一般売却と任意売却の違い

任意売却というと債務整理の方法と思われる方もおられますが、基本的には通常の不動産の売買で、不動産会社が仲介します。しかし、不動産を処分しても担保が抹消できないケースでは通常売買ができないため、取引にあたっては債権者の合意が必要となります。


債権者・債務者両者にとってメリット

任意売却では、不動産価格の下落や建物老朽化が要因で"処分してもローンが完済できない"いわゆる担保割れのケースが多く存在します。しかし、競売よりも残債の圧縮が多く望める任意売却は、債権者・債務者の両者にとって有効な手段となります。 


離婚に伴う任意売却

夫婦共有名義で住宅ローンを組んでいたり、奥様が連帯債務者・連帯保証人になっているケースもあります。

離婚に伴う任意売却で、多いご相談内容は以下の通りです。

 

1.「離婚後、夫がローンを支払う約束をしたが、返済が困難となった」

離婚の条件として妻と子供が住宅に住み続け、元夫が養育費名目でローンを支払うという形態が多くございますが、これはとても危険です。夫が資産家なり高額な収入を得ていれば問題はありませんが、往々にして"無理な条件"を承知してしまう場合があります。離婚後は元夫の金銭的負担が大きく、結局のところ破綻するケースが多いのです。

 

2.「離婚した元夫の連帯保証人になっているが、連帯保証人から外れたい」

住宅ローンの連帯保証人に妻がなっているケースでは、離婚段階で以下の方法により解決しておくべきです。

①連帯保証人の差替えを銀行に相談する

②差替えができない場合、住宅ローンの借入を他の銀行へ組み換える

③それも難しい場合、不動産を売却しローンの返済にあてる

滞納が始まっている状況下では元妻が連帯保証人から外れることはできません。

 

3.「共有名義の不動産を売却したいが、相手方が同意しない」

マイホームをご夫婦共有名義で購入されてらっしゃる方も多いですが、離婚となった場合には名義をそのまま共有にしておく事はお勧めできません。しかし、夫が売却を考えていても、妻子がそのまま住宅に居住されたい場合、売却に応じないケースもござます。この場合、夫の持分を妻の側で引き取る方法があります。


残った債務の支払い

任意売却しても残債は消滅しません。自己破産などの法的整理を行うか私的整理を行うことになります。私的整理の場合、これまで通り支払っていくわけではなく、債権者と話し合いを行い、生活状況に応じて月々数千円づつ、など現実的に支払っていける範囲内で支払っていくことになります。

残債は無担保の借入ですが、だからと言って支払わなくても良いということではなく、返済を続けていく誠意をきちんと示さなければいけません。


自己破産

債務整理の主な方法としては、任意整理・民事再生・特定調停・自己破産があります。自己破産は、債務者自らが裁判所に破産を申立て借金を免除してもらいます。しかし、自己破産をするにも多額の費用を要し、任意売却をしても免除されない債務もあります。自己破産しなくても済むケースが多いのも事実です。