【意外と知らない】不動産広告で使ってはいけない言葉


不動産広告の文章に、使ってはいけない言葉があるのはご存じでしょうか。

 

表示規約というものがあり、これに違反すると、公正取引委員会より注意を受け、

 

最悪の場合、罰則や違約金などのペナルティを課されることになります。

 

今回は種類ごとに分けて、使用してはいけない言葉をご紹介します。

全く欠けている点がないことを意味する言葉

 「完全」「完璧」「絶対」「万全」「申し分ない」「理想」「パーフェクト」などが該当します。

 

どんなに優れた物件であっても、その基準は人によって評価が分かれますので、

 

全ての人にとって100%の物件というものはあり得ないからです。

 

但し、「完全を目指して」「完全を追求して」といった、

 

努力目標としての表現は許容範囲とされています。

他社より優位に立つことを意味する言葉

「日本一」「日本初」「業界一」「超」「当社だけ」「他に類を見ない」「人気No.1」「抜群」

 

などが該当します。

 

もし確証があれば使用できますが、

 

その確証には第三者機関の調査や行政による統計データなど、客観的な情報である必要があります。

 

もし使用する場合には、一般的には、出典・調査会社・調査年月などの注釈を入れます。

一定の基準を満たし、選別されたことを意味する言葉

「特選」「厳選」「正統」「正統派」「由緒正しい」などが該当します。

 

事実に反して使用することはできませんので、

 

一定の基準により選別したという事実が必要ですから、

 

何気なく特別感を出すために使用してしまいがちですが、規約違反となってしまいます。

著しく安いという印象を与える言葉

「お買い得」「掘り出しもの」「格安」「投げ売り」「破格」「バーゲンセール」などが該当します。

 

不動産価格は一般的に市場によって決まるので、他よりも安い、高いという概念はありえません。

 

このような考え方から、割安を意味する表現は使用禁止となります。

当然のことを強調する表示

不動産を取引する上で必要なこと、当然なことを強調することによって、

 

他よりも優れているように誤解させることは禁止されています。

 

例えば、「当社の買取は仲介手数料無料です!」は、「そもそも仲介していないので不要」ですから、

 

このように取引上必要なものや当たり前の内容を、

 

独自に設けたサービスのようにすることは規約違反となってしまいます。

まとめ

当事務所でも、規約違反にならないような表現、表記に気をつけて、信頼できる広告作り、

 

サイト作りを心掛けています。

 

"ついうっかり"が命取りになりますので、細心の注意を払っています。

 

あなたの不動産もこのような言葉を使って広告されていないか、

 

本記事を参考にチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事を書いた人

国本

桜木不動産事務所代表。宅地建物取引士。

三井のリハウス、大東建託退職後、2019年2月大阪府寝屋川市に

不動産売却専門の「桜木不動産事務所」を設立。

両手仲介を行わない不動産売却専門エージェントとして日々奔走しています。

好きなものは、阪神、浜省、森高、水無月、早く走る車。

嫌いなものは、ゴキ。