· 

No.192 【意外と知らない】CPマーク


このCPマーク。見たことはあっても、その意味までご存じの方はどれくらいおられるでしょうか。CPマークとは、防犯性能の高い建物部品につけられるマークのことで、CPとは防犯を意味します。

CPマークの概要

対象となる建物部品は、鍵、玄関ドア、サッシ、ガラス、面格子などとなります。

 

例えば、せっかく防犯フィルムを貼っても、性能が低くて結局泥棒に入られてしまったら意味がありません。質の低い防犯フィルムばかりだと、業界そのものも信頼性がなくなってしまうことから、業界が行政に働きかけ、基準として制定したものがCPマークになります。

 

警察庁による侵入犯に対する調査をもとに、建物に侵入する際、5分以上かかると大多数が諦めて他の家を狙うとの結果に基き、様々な侵入攻撃に対して5分間以上防御することができるか、実際に試験してクリアしたものだけに使用が許されます。

CPマーク認定防犯フィルムのメリットとデメリット

✅メリット

 

CPマークは第三者機関による審査をパスしたものだけが、その認定を受けることができます。性能上の信頼性があることが防犯製品上の一番のメリットと言えます。

 

✅デメリット

 

認定品は市販のものに比べると価格が圧倒的に高く、また施工は専門家に依頼する必要があります。

CPマーク非認定防犯フィルムのメリットとデメリット

✅メリット

 

通販などで買える海外製の防犯フィルムがたくさん出回っており、とにかく価格が安いことがメリットになります。

 

✅デメリット

 

いざという時どれだけ防犯性能があるかは未知数です。安かろう悪かろうになる可能性も。

さいごに

我が家でもCPマーク認定の防犯フィルムを施工しています。CPマークのシールを見ただけで侵入を諦める泥棒もいると聞きましたので、少々値は張りましたが思い切って施工してもらいました。もちろん、これだけしておけば防犯上安心、という訳にはいきませんので、普段から防犯に対する意識をもって生活することが大事ですね。

 

 

この記事を書いた人

国本

桜木不動産事務所代表。宅地建物取引士。

三井のリハウス、大東建託(株)退職後、2019年2月大阪府寝屋川市に

不動産売却専門の「桜木不動産事務所」を設立。

両手仲介を行わない不動産売却エージェントとして日々奔走しています。

好きなものは、阪神、浜省、森高、水無月、早く走る車。

嫌いなものは、ゴキ。