· 

No.215 【意外と知らない】24時間換気システムが義務化されていること


24時間換気システムとは、その名の通り1日中建物内の換気が行われるように設計された仕組みのことです。改正建築基準法が施行された2003年7月以降、全ての建造物に24時間換気システムを設置することが原則として義務付けられました。

24時間換気システムとは

最近では気密性の高い住宅が多く、空気が家の中にこもってしまうとシックハウス症候群になってしまう危険性があります。このシックハウス症候群の対策として、家の中の空気が循環するように計画的な換気を行うようにしたシステムが24時間換気システムです。マンションの広告などで「24時間換気システム完備」という記載を目にすることもあります。

24時間換気システムの仕組み

建物にはその大きさなどにより必要な換気量が定められています。それを達成すために必要な換気扇を設置するわけですが、排出すると同時に外気を取り入れる必要もあります。また給気と排気を行う場合、空気の流れもコントロールしなければなりません。このように計画的に空気の流れをコントロールしながら換気を行っているのが24時間換気システムなんです。

24時間換気システムの種類

✅第一種換気

空気の取り入れと排出の両方を換気扇によって行います。特徴として、空気の流れをコントロールしやすいですが、換気扇の数が増えコストが上がります。

 

✅第二種換気

空気の取り入れを換気扇で行い、排出は気圧により自然に押し出します。コストは抑えられますが、建物の気密状態により結露が発生する場合もあります。

 

✅第三種換気

排出側に換気扇を取り付け、気圧の差で自然に空気を取り込みます。比較的結露が起こりにくく、コストも抑えられます。

換気を止めるとどうなる?

24時間換気を実際には使われていない方も多いのではないでしょうか。24時間換気システムと言えどもスイッチを切ればただの換気扇です。

 

ただ、24時間換気を止めると、結露に十分に注意しないといけません。24時間換気は湿気を取り除くことに非常に貢献します。24時間換気を停止する時間が長くなるほど、結露が発生するリスクも高くなるという事を覚えておいて下さい。

換気扇との違い

24時間換気と換気扇は目的が大きく違います。

 

まず、24時間換気は「常時換気」と呼ばれており、家全体をゆっくりと時間をかけて換気しています。換気システムが常に稼働していることで、空気の循環が絶えず行われているイメージです。

 

換気扇は空気を入れ替える範囲が狭く「局所換気」と呼ばれています。範囲は狭いものの、換気する力は強いので、短時間で周りの空気を入れ替えることができます。

さいごに

今の建物(マンション含む)には必ず24時間換気システムが設置されています。 これは建築基準法で定めれらているからです。

 

24時間換気システムはメンテナンスを怠らなければ、毎日生活する部屋の空気をいつもキレイに保つことができます。24時間換気システムの電気代は意外と安いものです。24時間換気システムを活用して、快適に過ごしましょう!

 

 

この記事を書いた人

国本

桜木不動産事務所代表。宅地建物取引士。

三井のリハウス、大東建託(株)退職後、2019年2月大阪府寝屋川市に

不動産売却専門の「桜木不動産事務所」を設立。

両手仲介を行わない不動産売却エージェントとして日々奔走しています。

好きなものは、阪神、浜省、森高、水無月、早く走る車。

嫌いなものは、ゴキ。