· 

No.248 不動産ポータルサイトの仕組み


不動産を探すときに多くの人が利用するポータルサイト。有名どころでは、SUUMO・HOME'S・athomeなどがあります。今回は、現代の住まい探しに欠かせない不動産ポータルサイトについて簡単にご説明します。

不動産ポータルサイトとは

不動産ポータルサイトは、全国の不動産会社が取り扱っている物件情報が集まったサイトのことです。このサイトで検索すれば、日本全国どこのエリアの物件でも探すことができます。しかし、このポータルサイトは、不動産会社が直接運営しているわけではありません。

 

有名どころの不動産ポータルサイトと言えば、「SUUMO(スーモ)」「HOME’S(ホームズ)」「at home(アットホーム)」などでしょうか。「不動産会社に行く前に、どんな物件があるかチェックしたい」という住まい探しのスタート段階でよく利用されています。

不動産ポータルサイトの仕組み

ポータルサイト運営会社は、不動産会社からの広告費によってサイトを運営しており、サイト上に物件情報をまとめて掲載します。そして、ポータルサイト経由で問い合わせると、物件を掲載している不動産会社から直接連絡が来る仕組みです。

 

不動産会社は、不動産ポータルサイトに掲載するために利用料を支払っているものの、自社HPから集客するのと比べものにならない集客力がありますので、ほとんどの不動産会社が利用しています。

同じ物件がいくつも載る仕組み

すでにポータルサイトをご覧になった方でしたら、全く同じ物件情報が別々の不動産会社から掲載されてるという事例も経験済みかもしれません。

 

それは売主から委託を受けた不動産会社が、より早く物件を売却したいと考え、複数の不動産会社にポータルサイトへの掲載を依頼しているからです。その場合、物件を受託している不動産会社は、自ら広告費をかけずに物件を掲載できることになります。(その代わり、買主側の仲介には入れません=片手仲介)

さいごに

物件探しをしている人にとって、ネット上でたくさんの不動産情報を得ることができる不動産ポータルサイトは魅力的なシステムと言えるでしょう。不動産ポータルサイトなら、自宅でゆっくり住まい探しができるため、利用している人もかなり多いです。

 

物件情報だけでなく不動産に関するお役立ち情報も掲載されていて、住まい探しをしている人は無料で検索できます。ポータルサイトの利用は今後ますます定番となってくるでしょう。ですが、不動産会社の本音を言うと、広告料のかからない「自社HP」から問い合わせてほしいのです・・・(泣)

 

 

この記事を書いた人

国本

桜木不動産事務所代表。宅地建物取引士。

三井のリハウス、大東建託株式会社退職後、2019年2月大阪府寝屋川市に

不動産売却専門の「桜木不動産事務所」を設立。初年度売却相談件数108件。

両手仲介を行わない不動産売却エージェントとして日々奔走しています。

好きなものは、阪神、浜省、森高、水無月、早く走る車。

嫌いなものは、ゴキ。