· 

No.264 任意売却と競売の違い


住宅ローンを滞納している場合、任意売却か競売で家を手放す方も少なくありません。一般的には任意売却の方が高く売れる可能性があるので、できるだけ任意売却で解決する方が良いですが、任意売却と競売を比較して、任意売却のメリットを確認しましょう。

比較

✅売却価格

任意売却:市場に近い価格で売却できる場合が多い

競売:市場の6~7割前後の場合が多い

 

✅プライバシー

任意売却:通常の不動産売却と同じ方法を取ることができ、事情を知られずに売却可能

競売:公開されるため近所や職場に知られる可能性がある

 

✅残債

任意売却:競売より少なくなることが多い

競売:任意売却より多く残ることが多い

 

✅残債の返済

任意売却:無理のない範囲で分割返済が可能

競売:一括返済を求められる

 

✅引越し費用

任意売却:債権者との交渉次第で売却価格から受領できる

競売:立退料が出るケースはほぼない

 

✅引越し日

任意売却:債権者との協議を行い引越し日を設定できる

競売:引越し日は自由に選べない

 

✅持出し金

任意売却:一切なし

競売:引越し費用など

 

✅債務者の意思

任意売却:債権者との協議が必要だが、売却活動は通常の不動産取引と同様に可能

競売:所有者の意思は関係なく、裁判所からの指示で進む

さいごに

上述の通り、競売に比べ任意売却にはたくさんのメリットがあります。ただし、任意売却するには期限があります。ローンを滞納すると、金融機関は競売の手続きを進めますが、競売手続きが一定以上進んでしまうと任意売却できなくなります(拒否されます)。任意売却を希望するなら、ローン滞納後すぐに手続きを進めなければなりません。

 

任意売却は債権者との交渉がカギとなりますので、経験がモノを言います。任意売却・競売に精通した桜木不動産事務所までお気軽にご連絡ください。

 

 

この記事を書いた人

国本

桜木不動産事務所代表。宅地建物取引士。

三井のリハウス、大東建託株式会社退職後、2019年2月大阪府寝屋川市に

不動産売却専門の「桜木不動産事務所」を設立。初年度売却相談件数108件。

両手仲介を行わない不動産売却エージェントとして日々奔走しています。

好きなものは、阪神、浜省、森高、水無月、早く走る車。

嫌いなものは、ゴキ。