· 

No.266 不動産に掘り出し物はない!自分だけの掘り出し物を見つけよう


残念ながら不動産には、皆さんが期待するような「掘り出し物」はありません。よく聞く「未公開物件」は、売主様の都合で広く公開することを避けているだけです。ですが、"あなただけの"掘り出し物を見つければ、満足のいく不動産購入ができるはずです。

不動産に掘り出し物がない理由

「急いで現金化したい」など特別な理由があって、安く売りに出される売主様もおられるのは確かです。それがそのままの値段で一般市場に出されれば、間違いなく「掘り出し物」となるでしょう。

 

ところが、ほとんどの不動産は不動産会社経由で売りに出されます。仲介する不動産屋がそれを放っておくはずがありません。市場に出る前に不動産会社によって食べられてしまいますから、そういった"お得感"のある物件は皆さまの目に触れることはないのです。

"自分だけの"掘り出し物の見つけ方

それなら、自分だけの掘り出し物を見つけましょう。その方法は、一般的に人が敬遠する条件の物件にも目を向けてみることです。

 

例えば、「駅から遠い」「土地の形が悪い」「線路が近い」「日当たりが悪い」など、一般的に敬遠されがちな条件の不動産は、そうでない不動産に比べ割安で売り出されているはずです。そんな条件でも気にならないようなら、それはあなたにとって「掘り出し物」です。

さいごに

不動産の購入は一生のうちに何度もするものではありません。ましてや一生住み続けるお家ですから、こだわりの条件がいくつもあるのは当然ですが、もう一度、それが本当に譲れない条件なのか確認してみることをおすすめします。不動産屋をまわって、「掘り出し物ないですか~?」と聞いて回るより、何倍も現実的な方法であると考えます。

 

 

この記事を書いた人

国本

桜木不動産事務所代表。宅地建物取引士。

三井のリハウス、大東建託株式会社退職後、2019年2月大阪府寝屋川市に

不動産売却専門の「桜木不動産事務所」を設立。初年度売却相談件数108件。

両手仲介を行わない不動産売却エージェントとして日々奔走しています。

好きなものは、阪神、浜省、森高、水無月、早く走る車。

嫌いなものは、ゴキ。