· 

No.274 気になる不動産屋について調べてみよう


不動産を売却したり購入したりする際、気になるのはどこの不動産会社に依頼するかですよね?依頼する基準というのは人それぞれ違うと思いますが、不動産会社の詳しい情報はインターネットで入手することができます。ここでは、その調べ方を紹介いたします。

宅建業者の基本情報

国土交通省の検索サイトで、宅建業者の基本情報を確認することができます。この検索システムを利用すると、「免許証番号」「免許の有効期間」「加入している宅地建物取引業保証協会」等の情報を得ることができます。

 

ちなみに、「免許証番号」の( )内の数字は、宅建業資格を更新した回数が表示されています。5年毎に更新されるので、(1)なら5年以内、(10)なら45〜50年も続いている会社ということになります。ただし、「個人から法人に変わった場合(その逆もあり)」「都道府県知事免許から国土交通大臣免許に切り替えた場合(その逆もあり)」には、( )の数字が(1)に戻ります。

 

※国交省「宅建業者等企業情報検索システム

宅建業者の行政処分

宅地建物取引業に課せられた業務を履行しない場合、つまり法律に違反する行為を行った場合には宅建業法に基づく「監督処分」を受けます。宅建業者に対する監督処分には、「指示処分」「営業停止処分」「許可の取消処分」があります。

 

これらの行政処分を検索できるサイトがあります。ただし、行政処分歴がなくとも顧客トラブルが多い不動産会社も存在しますし、行政処分歴がある場合でも、十分に業務改善がなされて顧客トラブルの少ない会社も存在します。行政処分情報はあくまでも参考情報として、最終的には不動産会社の実際の対応をしっかりと見極めることが大切です。

 

※国交省「国土交通省ネガティブ情報等検索システム

さいごに

不動産の売却や購入で、信頼できる不動産会社を選ぶことは、とても重要なポイントです。気になる不動産会社があったら、その特徴や基本的な情報を確認してみるのもいいかもしれません。ただ、最終的には不動産会社の担当者とのコミュニケーションの中で見極めていくことが大切です。

 

 

この記事を書いた人

国本

桜木不動産事務所代表。宅地建物取引士。

三井のリハウス、大東建託株式会社退職後、2019年2月大阪府寝屋川市に

不動産売却専門の「桜木不動産事務所」を設立。初年度売却相談件数108件。

両手仲介を行わない不動産売却エージェントとして日々奔走しています。

好きなものは、阪神、浜省、森高、水無月、早く走る車。

嫌いなものは、ゴキ。