· 

No.292 2019年度みんなはどんな住宅ローンを組んだ?


2020年6月19日住宅金融支援機構は、2019年度の住宅ローン利用者の実態調査結果を公表しました。みんながどんな住宅ローンを組んだんでしょうか。これからまさに住宅ローンを組む方の参考になりましたら幸いです。

利用した金利タイプ

前回調査と比べて、「変動型」が減少し、「固定期間選択型」が増加したが、大きな変動はみられなかった。

 

✅変動型:59.0%

✅固定期間選択型:26.7%

✅全期間固定型:14.3%

固定期間選択型の当初の金利固定期間

固定期間選択型の「当初の金利固定期間」をみると、前回調査と比べて、「10年超」の割合が大きく増加した。

 

✅2年:0.7%

✅3年:6.8%

✅5年:9.7%

✅その他10年未満:4.8%

✅10年:32.4%

✅10年超:45.7%

全期間固定型の商品内訳

「全期間固定型」では、「フラット35」の利用割合が前回調査よりも増加し、6割を超えた。

 

✅フラット35:66.1%

✅フラット35以外:33.9%

世帯年収

いずれの金利タイプも、「400万円超~800万円以下」の年収範囲にある世帯が全体の約6割を占める。

融資率

「変動型」と「固定期間選択型」は融資率「90%超100%以下」で、「全期間固定型」は「80%超90%以下」で、それぞれ利用割合が最も高い。

返済負担率

いずれの金利タイプも、返済負担率「15%超20%以内」の利用割合が最も高い。

その住宅ローンを選んだ理由

✅フラット35以外の利用者

 

・フラット35以外の利用者が住宅ローンを選んだ理由(決め手)では、「金利が低い」が最も多くなっている。

・金利タイプ別にみると、「全期間固定型(フラット35を除く)」で「返済額を予め確定しておきたかった」との回答が4割と高く、他の金利タイプと大きく異なる傾向がみられる。

 

✅フラット35利用者

 

・フラット35を選んだ理由は、 「返済額を確定しておきたかった」が最も多く、次に「金利が低い」、「フラット35Sを利用」、「住宅事業者・販売事業者の勧め」などとなっている。

さいごに

以上、いくつかの項目をピックアップして掲出しましたが、これはインターネット調査会社のモニターを利用し、住宅ローンの利用や借換に関するアンケート調査を行い、その結果をまとめたものです。あくまで参考としてご覧になってください。

 

住宅ローンを組む際に大事なのは、「いくら借りられるか」ではなく、「いくらなら返せるか」です。無理のない借入をしましょう。

 

※ネタ元:住宅金融支援機構「住宅ローン利用者の実態調査

 

 

この記事を書いた人

国本

桜木不動産事務所代表。宅地建物取引士。

三井のリハウス、大東建託株式会社退職後、2019年2月大阪府寝屋川市に

不動産売却専門の「桜木不動産事務所」を設立。初年度売却相談件数108件。

両手仲介を行わない不動産売却エージェントとして日々奔走しています。

好きなものは、阪神、浜省、森高、水無月、早く走る車。

嫌いなものは、ゴキ。